6日目




今日は朝から起業家のビンさんとの座談会

テーマは、
ホーチミンの若者にとって働くということ



私はいま日本語教育について調べていて
日本語学習者の勉強する理由の多くは
日系の企業で働きたい とか
高い給料がもらえるから とか
仕事に関連するものが多いことから
ベトナム人は働くことに関して
すごく積極的で上昇志向がある傾向があるのだと思っていた。


でも、現在キャリアアドバイザーのような仕事もなさっているビンさんの話の中で
両親の意向に任せて…
今後も仕事に困らないならそれで…
ラクな仕事がしたい…と言う
若者たちがいるということに驚いた。

座談会の中でも少し話したけど
私はやりたくないことや興味のないことは絶対に続けられないタイプなので
そんなに好きでもないことでも仕事にできてしまうというのは、私には考えられない。


そのままそのカフェでごはん

f:id:arisa0609:20160907013910j:image

素朴な味でおいしかった。

そのあともなんだかんだでずっと話して
本当に胸にささるような内容の話をたくさんしていただきました。




夕方は村山日本語学校


それぞれ4クラスあり、私は技能実習生として日本へ行く方々の授業を見学。

なぜかというと
明日から通う学校には技能実習生向けコースは存在しないから。
技能実習生として日本に行く人々はどのような勉強をしているのか気になる。


授業に入ってみると、
想像していたより話せないことに驚く。
しかも日本に行くまでの勉強期間は3ヶ月ほどととても少ない。

出席していたメンバーは6人
3週間前から勉強を始め、
11月にはもう日本に行くんだって。
しかも勉強は読み書きは教えず、会話のみ。

技能実習生ということは、日本に行ったらすぐに日本人と一緒に働くということ。
ある程度の意思疎通はできないと大変。
 
先日吉川先生との座談会で技能実習生についての問題点などのお話を聞いたけど、
技能実習生に技術を教える気などなくただ労働力として使おうとする会社が増えてしまっている背景には
日本語わからないから教えるのが面倒、と
ベトナムでの教育状況も関連している気がした。

また先生がベトナム人しかおらず
先生と話すときも、ゆっくり気を遣って会話をしてやっと通じる程度。
でも日本人を雇うのとベトナム人を雇うのとでは金額面でかなりの差があり、難しい課題だと感じた。



明日からはついに、
自分でアポを取って計画を進めてきた日本語学校の授業に参加します。

すごく楽しみ!




5日目



5日目。

そろそろ疲れが出始めているのか、
朝起きるのが本当につらかった。



今日は、師範大学で日本語を勉強しているベトナム人たちとの交流会!
これは御園生先生と吉川先生がセッティングしてくださいました。




朝8時、Nguyen Hue通りに集合し
そこからカフェへ。

4人とも、かんたんな言い回しにすれば問題なく会話できるくらいには日本語が上手。
それでいて英語も話せるらしい。すごい…

たわいもない会話もしつつ、
いろいろな話をしました。
日本語のことや日本のイメージ、大学生の遊びのこと、アルバイトのことなど。


私の調査テーマからはずれるけど
なかでも印象に残ったのは、
ベトナムの大学生のアルバイト事情について。

実際に働いている学生たちのリアルな話を聞ける機会なんてないので、とても興味深かった。



その後、4人と一緒にVin Martへ

Vin Martの防犯対策にびっくり。

f:id:arisa0609:20160905223702j:image

バッグを結束バンドで閉める。
最初に財布を出し忘れたら終わりだな〜〜とか思ったり。

ここではベトナム人おすすめのコーヒーやお菓子を教えてもらって買い物?


そのあとはファストフード店へ

ベトナムの若い人は普段どこで遊んだりするのかな、とか思ってたけど
日本もベトナムも同じだなって。

f:id:arisa0609:20160905225230j:image

ありがとうございました!




午後は、これから通う日本語学校の先生との打ち合わせ。


訪問することを断られたり、
返信すら来ない学校もあったなかで
「せっかくなので何回か来てみてください」
「アンケート等やってみますか?」と
様々な提案をしてくださった先生。

実際に会って話してみても、
気さくでとても話しやすい印象。


そして日本にいる間に、
アンケートの内容を送って頂ければ
翻訳して、さらに回答しやすいよう選択肢をつくりますよ。
と言っていただき
私達からそれぞれ聞きたい内容をメールで送らせていただいたのだけど

f:id:arisa0609:20160905231421j:image

簡潔であり、的確すぎるアンケート
本当に何から何まで…!

これを生徒のみなさんに回答していただけるということで
相当な数のデータを集められそう。


ここまで協力してくださったことを無駄にすることのないように
7日からの学校訪問と、
帰国してからのアンケート集計等
しっかり行っていきたいと思います。




4日目




今日はアラーム鳴る前に、鐘の音で起床
たぶん隣の教会で朝早くから礼拝やってたんだと思う。

支度をして、行動開始?



でも
○○に行って、××をして、
そのあとは△△に行って…って
細かく予定決めるのは好きじゃないので

とりあえず、サイゴン川に行って
川沿いのカフェでも入って
そこから考えようと思い出発。

で、タクシーとかバス使うのは
らしくない気がしたから徒歩で。

f:id:arisa0609:20160905010837j:image

家から川沿いのTon Duc Thang通りまでは
ゆっくり歩いて30分くらいだったかな?
思ったより近かった(^_^)

Saigon Cafeに入ってコーヒー
苦いものが本当にだめで日本じゃ全く飲まないのに、こっち来てからは毎日コーヒー飲んでる…



そのあとしばらくサイゴン川の
ベンチに座って色んな人のことみてた。

川で洗濯するおじさんがいたり
バイク乗った若い人がみんなで溜まってたり
デートしてるカップルがいたり
ポケモンGOやってる人がいたり。
日曜日の朝って感じだった。



しばらくしてからLe Thanh Ton通りへ。

日本にいる間に調べていたときに、
ここは日本人街ということで気になってました。


ずっと続く一本道を東の方に行くと、
日本人街ではなく世界各国のお店が。
スペイン シンガポール 中華などなど

このあたりはベンタイン市場も近いので
日本人も、それ以外の観光客もたくさん。

でも少し横道に入るとキラキラした派手なお姉さんがたくさんいて、
行ったのは昼間だったけど、それでも木村さんに言われた「違和感」の意味がわかりました。


またそれと反対側の西の方は
本当に日本食のお店ばっかり!
あとはマッサージのお店がいっぱい。

f:id:arisa0609:20160905180708j:image


f:id:arisa0609:20160905011053j:image

日本町って書いた細い路地があって
入ってみたけど、多分ここも夜は
女一人じゃ入れなくなる感じした。笑


惜しい。
f:id:arisa0609:20160905011314j:image



お昼ごはんは、SUSHI bar

このチェーン店はオーナーが日本人の方で
接客にはこだわって教育しているらしい。

お店に入ると誰か一人の
いらっしゃいませー!に続いてみんなが
いらっしゃいませー!って言うあの感じ
初めてきたベトナム人たぶんびっくりする。

店員さんは日本語は話せないんだけど
返事だけ「はい!」って言うから面白い。
帰るときはThank you very much!って言うからそれも面白い。

ここの店員さんは本当に教育されてる。
ベトナムのレストラン等でよく見るあのかったるい感じみたいなものを一切見せないし、
空いたお皿をすぐ下げてくれたり、
常にまわりのこと見てるって感じた。




そのあと、これから訪問する学校の場所を下見しようと思って、かなり歩いてたんだけど
途中でどうしようもない迷子になって。

青い服着た警備員さんに聞いたら
「そこまで歩くのか?5kmあるから無理だよ!だから俺のバイクに(略)」
って言われ、
さすがに5kmは盛ってたみたいだけど
他の人に聞いても遠いって言われて
徒歩で行くのはもう諦めました。

今日めちゃくちゃ歩いたから万歩計つけとけばよかったって後悔してる。




市内中心部に戻ってきて、
フーンライでの食事会まで時間があったけど
でも家に帰るほどの時間もないしと思って
タオダン公園のベンチで休憩。
日曜日の午後、人がいっぱいいた。



そしたらめちゃくちゃ派手な人が

f:id:arisa0609:20160905011448j:image

ベトナム人の、いわゆるレイヤーさん(笑)

私はアニメとかまったく分からないけど
Japanese animation?って聞いたらYes!
キャラクターの名前きいたけど忘れた。

近くでイベントがあって、
そのあとカメラマンさんを連れて
写真を撮りに公園に来たんだって。

日本語は話せない人だったけど、
「かわいい!」って言ったら
「カワイイ〜!アリガト〜❤️」って喜んでた。
やはりkawaiiは世界の共通語です。



その後またベンチで写真を見返したりしてたら
いきなりベトナム人の男の子が
2つ持ってる飲み物の片方を私のほうに出しながらベトナム語で話しかけてきた。

お話しようよってこと?笑
その人は英語がわからなかったのでまったく話せなかったけど、いろんなコミュニケーションの取り方があるなと感じた出来事でした。



日曜午後のタオダン公園は本当にいろんな人がいて、それぞれ自由なことやってて、見てるだけで面白かったな〜

それにしてもポケモンGOやってる人が多い。

f:id:arisa0609:20160905085849j:image




夜はフーンライでの食事会

ベトナム料理なんだけど、日本人向けの味付けにされているらしく、本当においしかった。

また店員さんはそれぞれいろんな過去があるにも関わらず、そんなのを全く感じさせない振る舞いだった。

明日の白井さんとの座談会は行けないけど、
みんなから話を聞きたいと思いました。




3日目



今日の午前は戦争証跡博物館
キークアン寺の孤児院へ。


博物館に到着し、まず始めに館長ヴァンさんのお話を聞きました。

その中でいちばん印象深かったのは、
現代の若者たち、それはベトナム人だけでなく世界中の人々に
これらの戦争について伝えていかなければならないということ。

これは世界のどこにでも共通することで
目を背けたくなるような戦争の悪の部分について知ることは
これからの世界の平和のために欠かせないことなのだと改めて感じました。




f:id:arisa0609:20160903231955j:image

その後、博物館を見学
戦争証跡博物館にはベトナム戦争に関わるたくさんの展示物があって
なかには高校時代に世界史の授業で見たことのあるものもいくつかありました。

たくさん並ぶ写真のなかで、
カラーのものもいくつかあり
それらの写真がつい最近のものであるということを感じさせられ、歴史のなかの一部分だと考えてはいけないのだと思いました。




そこからキークアン寺の孤児院へ

先ほど少し書いたように、
私は高校時代の世界史の授業で
当時の先生が映像や写真の資料をとても重要視する方で、枯葉剤による影響を受ける子供たちの写真なども、おそらく他の人よりはたくさん見る機会があった方だとは思います。

ですが実際に、枯葉剤の障害や様々な事情を抱えてそこにいる子供たちを目の前にして
いままでは遠い時代の、遠い国の話だと頭のどこかで思っていたのだなと認識させられました。

本当に言葉が出なくて、
シンプルな感情にまとまらなくて
その光景についてはいまでもまだ頭が回らないような何も物事を考えられないようなふわふわした感じが続いています。

自分のペースで自分の頭の中でゆっくり吸収できたらと思います。




夜は吉川先生との座談会

今年の前期で履修していた日本語教育に関連する授業のなかで、たびたび技能実習生の話は聞いていましたが
吉川先生のお話は、いまのベトナムで起こっていることを
実際に見ている生の声で聞くことができ本当に興味深かったです。

ベトナム人は熱心だという話を、日本語教育に関わる方々からたくさん聞いていたため
技能実習生の制度は、本来ならとても熱心で希望を持って前向きに学ぼうとしているベトナム人を騙し、陥し入れてしまう非常に残念なものだと思いました。

しかしそれと同時に、偶然今日の博物館でかつて技能実習生だった方と会い
日本での技能実習生としての生活が
現在のベトナムでの生活をより良くするという本来の目的をしっかりと果たしている技能実習生もいると知り
安心するような、複雑な気分になりました。



今日は一日で色々なことがありすぎて
自分のなかで整理しきれていないけど
明日は夜までは自分のために使える一日

日本語学校への訪問はまだですが
日常生活の中で日本人とベトナム人が関係しあっているであろう場所に行ってみたいと思います。



2日目



2日目の今日は 建国記念日??


今日は木村さんプランに参加して、
朝は鳥カフェでコーヒーとバインミー

f:id:arisa0609:20160903013946j:image

みんなが自分の愛鳥?を連れて来て
見せびらかしつつコーヒー飲むって
日本でドッグカフェ行くのと同じような感覚なのかな。行ったことないけど。

2日目にして早くも
「疲れたからカフェ入ろ」っていう
カフェ癖がついてきたんだけども
どのカフェに入っても思うのは、
ベトナム人の滞在時間は本当に長い!



鳥カフェで家のことや昨日あったことを
みんなとのんびり話したあと
ホーチミンの路線バスを初体験して
また歩いてフォー屋さんへ。


前回ハノイで食べたのが
牛肉のフォーだったので
食べ比べてみようと思い牛肉。

f:id:arisa0609:20160903012825j:image

ハノイのときは何か辛くて黄色っぽい調味料をかけたのですがそれはなくて
すだちをかけてさっぱりな味。
私はこの味のほうが好き〜〜!

あと木村さんおすすめの梅ジュース
すっごくおいしかったです。
カフェとして利用したいくらい!




そこからフリータイムは
家の近くにコンビニがないので寄って
生活に必要なものを買ったり

まだ行ってなかった家の周辺の
街と反対側(地図の上の方)を
すこし散策してみたり。
変わらない風景がずっと続いてたけど。
でもこれこそ観光地じゃないホーチミンの部分なんだな〜とか思ったり。




夜は集まれたメンバー7人で?

f:id:arisa0609:20160903020805j:image

9月2日はベトナム建国記念日であり
ゆーちゃんの誕生日でもある?

初めての本場の生春巻きと
コムタムっていうベトナム料理。
味付けが全体的に甘辛くてとってもおいしかったし、こんなに贅沢に食べたのに安かった!



そして10時過ぎに、
家の近くのNguyen Cuu Van通りは
やっぱりちょっと雰囲気よくないよね〜
って話をしながら帰宅。

この通りは人通りも交通量もそこそこあって昼間は大丈夫なんだけど
夜になるとアル中っぽい人とか
知的障害者っぽい人がいたりして
女一人だと結構びびる。がんばる。笑



帰宅したら、
予想はしてたけど家に誰もおらず。

日付が変わっても誰もいなくて
阿部はもはや一人暮らしになってます。



明日も早起き!!


1日目



ついにベトナムでの2週間が始まりました。



5時間ちょっとのフライトは
寝て 機内食たべて テトリスしてたら
あっという間にホーチミン着。

そのあとそれぞれが泊まる家に
送ってもらって、また自力で再集合。

そこで両替をして、
定食屋さんでごはんを食べて、
カフェでミーティングをしてから解散。

定食屋さんの魚醤の匂いに
東南アジアらしさ感じました?

↓私が見た目で選んだおかず。
f:id:arisa0609:20160902001222j:image



解散したあとは、
今日は特に予定もなかったので

f:id:arisa0609:20160902001641j:image

どこの国でも市場は良き…!
狭い通路のごちゃごちゃ感とか、
乾燥物のあの独特の匂いとか。

日本に帰ったら絶対使わないよな〜
っていう物も市場で見ると買っちゃう。
(いま履いてるパジャマもそれ)


でもここで買い物したとき
市場らしく値下げの交渉しようとしたら
Fixed Price って書いた看板を指差して
ダメ!みたいなこと言われて。

馬鹿がバレそうだけど、
fixが分からなくて調べてみたら
固定価格ってことなんですね。

嘘つかれてるのかとも思ったけど
看板にわざわざ書いてあるくらいだから
たぶん本当なんだろうなあ。残念。



そのあとは街を少し散策したり
疲れたらまたカフェに入ってみたり

途中でかわいい車みつけたり?
f:id:arisa0609:20160902003158j:image



で、夜になって帰ったら
娘さん(7歳らしい)が家にいて
初めてのご対面だったんだけど
本当に英語まったく通じなくて。

What's your name? すら返事がなくて
とっても気まずい時間が流れました。
お母さんとお手伝いさんはペラペラなのに。
もしかしたら極度の人見知りなだけなのかな…
でもきっと外国人も受け入れ慣れてるはず…


実はこれ書いてる今も
お母さんまだ帰ってこないっぽいし
お手伝いさんは帰ったっぽいので
洗濯していいかすら聞けないままです。
だってコミュニケーションが取れない。笑


ホームステイあまり好きじゃないとか言いつつ
なんだかんだこれで4回目なんだけど
(って言っても全部1~3週間の短期)
こういう放任なホームステイは初めてで
距離感とか関わり方に、戸惑いを感じてます。



明日は9月2日

年に一度しかない記念の日に
ベトナムに来たからには
その雰囲気を存分に味わいたいです?



出発まで1ヶ月



ブログだいぶ放置してました。?



昨日(8/1)の夏休み特別授業で
現地に入っている御園生先生とSkypeしたり、
本格的に日程が確定しはじめたり、
出発まであと1ヶ月を切っていることを改めて実感しました…


私の調査テーマはベトナム日本語教育なので
現地の日本語学校にアポを取り、いくつかの学校に訪問する予定です。



このテーマに関連して
御園生先生にご紹介していただいて
試験期間に入る前に、法政大学で行われている日本語の授業を見学(というより参加)してきました。


ベトナムの学校に訪問する前に、
その時のことをブログにまとめておこうと思います。



***



見学させていただいたのは
山﨑佳子先生の初級クラスの授業で、

生徒はフランス、ドイツ、スペインなど
ヨーロッパ圏から交換留学生として法政大学に来ている人たちでした。



まず驚いたことは
「みんな母国語が違うから、教室内の共通言語はかんたんな日本語なんだろうな〜」
と漠然と思っていたのですが、

教室に生徒が集まってくると
話す言葉はひたすら英語英語英語。笑


みんなそれぞれの母国語だけじゃなく、
当たり前のように英語が話せるみたいです。
さすがすぎる…



そんな環境に突然放り込まれてパニックになりながらも、これまでの1人旅で養った
相手の言いたいことを予測する力?で
1時間半頑張りました?

(ひとりで海外に行ったりもするからか、英語できると思われがちだけど話せないです。よく心配される。)




授業中の様子は
先生に指名されて答えている生徒以外はひたすら英語でおしゃべり…
授業が始まって1時間後ぐらいまではパラパラと生徒が増え続ける…
という感じで、ルーズな印象を受けました。




けれど、授業後に先生と少しお話ししたら
ベトナム人はきっともっと真面目だから安心してね!と仰っていました。


ベトナム人にも教えた経験のある先生によると、ベトナム人は本当に真面目に取り組む生徒ばかりだそうです。

それに比べると英語圏の出身の生徒は
もちろん真面目に取り組む生徒もいる反面、そうでない生徒も多いようです。


以前、日本語教育に関する授業で
言語の強さの問題(人は母国語より強さ=優先順位が低い言語は学習しない傾向があるとか)について扱ったのですが、
こういうことかと納得しました。



そのため教師の方も、教える国によっては授業のやり方などを変えたりするようなので
ベトナムでの調査のなかで、
生徒たちの目的や意識だけではなく
先生方に映るベトナム人の生徒という視点でも見ていきたいと思いました。



***



…最近はベトナムのことで頭がいっぱいいっぱいで忘れかけてましたが
その前にちょこっと旅行にいきます??

f:id:arisa0609:20160802161404j:image

(パスポート番号って載せていいもの??)

実はビザ初取得なんだけど、これ査証スタンプ好きにはたまらない…
ベトナムメンバーは分かってくれるはず…
と信じて載せる…!笑


おばあちゃんと行くただの観光旅行なので
おもしろい破天荒な展開はないと思うけど
アンコールワット楽しみ(^_^)



遊びと趣味と両立して
事前調査とアポ取り 頑張ります!!