読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9日目



南北統一鉄道の旅。


サイゴン駅に集合するのに
結局、お金を節約するため途中までバスで行ってそこからタクシーを使うことに。


朝の6番バス、激混み

f:id:arisa0609:20160909193038j:image


予定通りCach Mang Thang 8の近くまでバスで行ってタクシーを拾う
総額32000VNDくらいだったので、
少しは節約になったかなあ。



f:id:arisa0609:20160909193100j:image
駅と、

f:id:arisa0609:20160909193126j:image
車内

私達が乗った車両はクーラーがちゃんとあったので涼しかったけれど、
そのあと移動して見た車両はクーラーなしで
本当に床にゴザを敷いて寝ていたりと
いろいろと衝撃的な光景。


そういえば長距離の寝台列車なんて、
外国どころか日本でも乗ったことなかった。



f:id:arisa0609:20160909193405j:image

窓から見えた景色
世界の車窓から を思い出す感じ


f:id:arisa0609:20160909193528j:image

食堂車 食べてみたかった!



ふと思い出して
iPhoneのカメラロールをだいぶ遡って見てみたらまだ残ってた。

f:id:arisa0609:20160909193822j:image

今年の春、ハノイの旧市街の近くで
へぇ〜電車あるんだ〜と思い撮った写真

この線路がホーチミンまで続いているなんてまったく知らなかったし、
まさかその電車に乗ることになるとは。

そもそもまたすぐホーチミンに来ることになるなんて思ってもなかったし
すごく不思議な気分になった。



今回はたった1駅の40分だけだったけど物足りないくらいだった。
いつかどこかで列車移動の旅もしてみたいな〜なんて思ったり




そして到着した先はホーチミンとはかなり雰囲気の違う場所。

お話にもあったように教会が多いことと
電気部品などを売るお店が多いことが印象的な場所だった。


バスに乗ってしばらくして記憶がなくなって、起きたら教会に到着。


そこで話を聞くなかで
工場労働者が多いこと、彼らの生活の実情、それらが生む様々な社会問題

ハノイやホーチミンなどの都会と
それら以外の田舎では生活格差がかなりあるというのは情報として聞いてはいたけれど
都会にいるだけでは分からないベトナムの問題について考えるきっかけになったと思う。


教会ではおいしいご飯をいただき、
そのあとまたバスに乗ってホーチミンへ


一時帰宅、と思って
だいぶ疲れていたので仮眠のつもりが
結構な時間寝ていたみたいでびっくり



日本でも1人暮らしはしたことがないけど
1人暮らしだと食生活が適当になりがちだな〜と感じる9日目


明日も朝早いですががんばります。